大阪市福島区で腰痛などの不調は整骨院アーク

平日21:00まで受付
キッズルーム・ベビーベッド完備

0120-533-774

06-6467-6767

※2~3日前にご予約いただくとスムーズです

LINE@からお問い合せ

平日21:00まで受付キッズルーム・ベビーベッド完備

0120-533-774

携帯電話の方:06-6467-6767

※2~3日前にご予約いただくとスムーズです

電話でお問い合わせ LINE@でお問い合わせ

スタッフブログスタッフの毎日をお届け

急性期のけがについて! 2

2019/06/14

まず、怪我が発生した際ですがいわゆる応急手当てが大事です!

応急手当ては【悪化防止】【苦痛の緩和】を目的としており

速やかに応急手当てを行うことで効果が上がります!

応急処置の基本はこれになります!!

[Rest(安静)]
損傷部位の腫脹や血管・神経損傷を防ぐ目的で、患部を安静に保ちます。筋肉や関節の動きを抑えることによって内出血も抑えられます。

[Icing(冷却)]
2次性の低酸素障害による細胞壊死と腫脹を抑えるため、患部を氷で冷却します。15~20分冷却すると患部の感覚が鈍くなりますから外して、また痛みが出てきたら冷却することを24~72時間繰り返します。シップや冷えピタなどは深部の冷却効果はなく、キズや水泡がある場合は皮膚を覆ってしまうことにより感染源となるので適しません。

[Compression(圧迫)]
患部の内出血や腫脹を抑えるため、腫脹部位を中心に腫れのない部分まで軽い圧迫を加えます。強い圧迫は循環障害をきたすので注意してください。

[Elevation(挙上)]
腫脹の軽減と早期消退を図るため、患部を挙上します。理想的には患部を心臓より高い位置に挙上することです。内出血や腫脹は筋肉の多い部位では吸収されやすくなります。手足の末梢に広がると吸収は遅れるので、患部をできるだけ高い位置に置くことが重要です。

 

いわゆるRICE処置ですね

それぞれの目的を理解することで適切な応急処置を行うことができます!!!

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

<予約優先制> あなたのその不調、当院におまかせください!

  • 21:00まで受付 !

    21:00まで受付で、大阪メトロ野田阪神駅・阪神野田駅・JR海老江駅からすぐなのでお仕事帰りでも受診していただけます!

  • 日祝も終日受付 !

    当院は日曜・祝日も終日受付しておりますので、平日お忙しい方でも、受診していただけます!

  • キッズルーム・ベビーベッド完備 !

    お子さまを預けることが出来ないママさんでも大丈夫!お子さまが遊べるスペースを設けております。

腰痛など体の不調は野田阪神・海老江駅すぐの整骨院アークへお気軽にご相談ください。

腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア、肩こり、頭痛、膝や足の痛み…様々な体の不調を治したい方はご相談ください。
科学的な検査に基づき「他院で結果が出なかった」「なかなか症状が治らない」などのお悩みを私たちが解決へ導きます。
野田阪神・海老江駅周辺で整骨院ならアークへ、ご予約お待ちしております。

メールでのお問い合わせ LINE@でのお問い合わせ